読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前向き身辺整理

増やしたり、減らしたり。変化する生活を楽しむ。

ダサくない?と、洋服の断捨離の禁を解く

「鏡に映った自分、なんかダサい!?」

この間、街を歩いているときに、強烈に感じたことです。

 

思い当たるところ

①着古した感
服を減らしたことに加え、しばらく服を買っていなかったため、ひとつひとつの服の登板頻度が急上昇した。
 
②TPOに合ってない
プライベートなお出かけなのに、仕事に行くようなかっちりした服を着ていた。
なのに旅行カバンだけはカジュアルという、中途半端な状態。
 
③似合ってない!!
シンプルな白シャツにジャケットを着たりすると、ひたすら地味でコレジャナイ感。
かといって青文字系なカーディガンは、確実にコレジャナイ感。
 

服が似合っていない問題

色々調べたところ、「好きな服と似合う服が合ってない」ということだろうと思いました。

たとえば、私は、画像左から一人目・二人目のお姉さんが着ているような服が好きです。でも、たぶん、似合うのは右側二人のお姉さんが着ているようなざっくりテイストです。

f:id:wwssus:20151122110438p:plain

画像をお借りました:www.colornavi.net

 

一人ひとり骨格の構造は違っていて、その傾向によって、似合う服のテイストも変わってくるのだそうです。

「骨格診断」サイトでの自己診断ですが、おそらく私は「ナチュラル」なんだと思います。ポンチョが似合う、古着が似合う、モッズコートが似合う、思い当たる節がたくさんあります。
 
この記事にいたっては、そのまんま私のことのようで、目の覚める想いでした。

 

断捨離の禁を解く

反省です。服について、守りに入りすぎていました。
「より少なく」とか「シンプルテイスト」とかにこだわってしまっていて、新しい服を買う喜びや、おしゃれを楽しむチャンスをみすみす手放していたように思います。
 
仕事用とは別に、休みの日に、遊び感覚で着られる服があったっていいじゃない。
バッグは大きさ別、用途別にあったっていいじゃない。
 
ってか、失敗しちゃってもいいじゃない。
 
というわけで、年に一度のユニクロ感謝祭に行ってきますか!!