前向き身辺整理

これまでの人生を総括するつもりで始めたが、雑記ブログとしてジャングル化してしまったよ

宝塚花組「ポーの一族」感想。原作読んだことないけど、原作再現度が高すぎることは心で理解したッ!

原作を読まずに宝塚版を視聴した感想

4月のスカステ無料週間で録画したものを観ました。

一言でいうと、「原作読んだことないけど、原作再現度が高すぎ」。

宝塚沼に引きずり込みたいなら、Casanovaよりも、こっちこっち!

でも、宝塚沼ではなく萩尾望都沼にハマってしまいそうで危険かも。

kageki.hankyu.co.jp

良かったところ

アランとエドガーがゴンドラに乗って歌う場面

2時間超、あれこれ紆余曲折あった末の、このシーン。

最高のカタルシスです。お二人の退廃的な美しさ、言葉を失います。

とくに、アランの目。一線を越えてしまった感。最高。

明日海りおの演技

人間と、人外の存在との間を揺れ動く心情が切ない…

仙名彩世様の佇まい

溢れる気品。永遠を生きる存在化した後の遠い目

からの、フィナーレの優しいお歌。物語は終わっても、なおシーラを生きている。最高。

イマイチなところ

  • 前半の情報量の多さ
  • 霊能力者のシーンで気持ちが切れそうになる?
  • アランの「願わくば~」の歌、歌詞が聞き取れず

 

原作全5巻もkindleで読んでみたので感想

宝塚版から感じていた予感で、原作を読んで確信に変わったのですが、

これ、少女漫画版ジョジョの奇妙な冒険ですね。

いや、ジョジョポーの一族のオマージュというべきなのか。

ポーの一族(1) (フラワーコミックス)
 

以下、各巻の感想です。

 1巻「ポーの一族」「グレン・スミスの日記」他

  • 宝塚版は1巻の舞台化だったと知る。
  • 全体的に暗めの雰囲気(ジョジョ1部のよう)

2巻「メリーベルと銀のばら」

3巻「小鳥の巣」

  • 新規ストーリー、とてもおもしろい

4巻「エヴァンズの遺書」「ランプトンは語る」他

  • 伏線がたくさん回収されて良い
  • リーベルまたもや切ない…
  • まさかのバッドエンド

5巻「ホームズの帽子」「エディス」他

  • ホームズの帽子はほっこりした
  • アラン、最後どうなったの??

 

出会えてよかった級の漫画です。