身辺整理をしていたはずが

いろいろあって雑記ブログとしてジャングル化。

映画「キャッツ」感想。映画館で味わうべき未体験ゾーンがそこにはあった

久しぶりに映画を見てきました

※補記:2020年2月に見てきた映画の感想です

めったに映画を見ないのですが、キャッツの映画がひどい言われようで、逆に興味がわき、見てきてしまいました。

劇団四季のミュージカルは一度見たことがあり、全体のストーリーは知っていました。

良かったところ

とてつもなく素晴らしい楽曲とダンス

オープニングのあのメロディーとか、あの曲とかこの曲とかあのシーンとか…とにかく曲が良い。ダンスも素人目に見てもめちゃくちゃハイレベル。主人公ビクトリアなんは、レェェエェヴェルが違う。踊りが語るって、こういうことなのね…って感じ。

つまるところ、ミュージカルのキャッツの歌と音楽とダンスが、映画のお値段で堪能できる!コスパ最強。

悪かったところ

上記歌とダンスの極上体験に、ガッツリマイナス補正を掛けられている点。

(実際、辛くて薄目で見ている時間帯があった)

猫人間を見てるのに疲れる

あるときは猫、あるときは人間と思い込んで観なければならず、すごく疲れる。

猫顔で猫耳(人間の耳はCGで消されている)なのに、手は人間。

「うおおお猫らしいダンスすごい!人間の表現力ってすごい!」…ってなってからのニャーンゴロゴロと甘えるしぐさ。混乱。

股間が気になる

後半に出てくるセクシーな雄猫が大胆に服を脱ぎ捨てた瞬間、つるんつるんな股間に目が釘付け。なお、前半では去勢された設定の猫も出てきている。ど、どういうこと?どう理解したらいいのかしら??

ゆえ、服を着ている猫が非常に魅力的に見える現象が発生します。たとえ、ミュージカル版からのキャラ変でガッカリさせられた猫であったとしても。

結論:映画館でないと味わえないジェットコースター感

たぶん、家で見てたら途中で見るのをやめていたと思います。

良いシーンと悪いシーンが大迫力でめくるめく入れ替わる、感動と落胆のジェットコースター感は、映画館ならではだった…と思います。

ある意味、魂が揺さぶられました。

これはこれで、貴重な体験だったと思います。