身辺整理をしていたはずが

いろいろあって雑記ブログとしてジャングル化

ふるさと納税の始め方

自分がふるさと納税をしたときの手順をまとめました。

納税額を決める

実質負担が2,000円で何円まで寄付するとお得なのかを調べます。

控除金額シミュレーション | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

用意するもの

  • 昨年の源泉徴収票(会社からもらえるやつ)
  • 住民税の通知

無いなら無いで、大体の金額を思い出して入力してOK。

迷ったら少なめにしておくと安全。

寄付する自治体・金額を選んで寄付

楽天市場

楽天ポイントが貯めたい方向け。あまり、種類はない

【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先の自治体、寄付金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」

さとふる

豊富な選択肢。

【さとふる】ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

寄附金控除の手続きを忘れずに

ふるさと納税の寄付金を税の計算に含めてもらう手続きが必要です。

2つ方法があります。

寄付をした自治体に手続きして貰う方法(オススメ)

確定申告をする予定がない場合で、寄付先が5つ以内の場合に使えます。

ワンストップ特例という制度です。

寄付をした自治体から届く書類に記入し、返送するだけでOK

ふるさと納税 ワンストップ特例制度について | ふるさと納税サイト「さとふる」

自分で手続きする方法(確定申告)

寄付をした自治体から届く「寄付金証明書」を取っておいて、確定申告の際に寄付金控除として計上します。

意外と簡単!ふるさと納税をした場合の確定申告 | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

あとは、お礼の品を楽しみに待ちましょう!

過去記事

wwssus.hatenablog.jp