前向き身辺整理

これまでの人生を総括するつもりで始めたが、雑記ブログとしてジャングル化してしまったよ

映画評「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」無駄を削ぎ落したストーリーに深い主題。子供向けポケモン映画至高の一作!

1998年公開のポケモン映画シリーズ第1作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のフルCGリメイク版です。本当にそのままリメイクでした。

www.pokemon-movie.jp

 良かったところ

 シンプルなストーリーに込められた深い主題

  • たとえ相手と相容れなくても、別の世界で生きることができる。
  • 過去にとらわれていたミュウツーが、未来に目を向けられるようになったのは、自分が生み出したクローンポケモンという仲間が存在したから。
  • 本物とか偽物とかは関係なく、生きているだけで価値がある。

ゲスト声優が同じ

ミュウツーの声は市村正親さん。声の迫力に、ぞくぞくしました。20年前に市村さんを選んだ人本当にグッジョブ。

小林幸子は登板回数増&押し出しの強さで、存在感マシマシでした。主題歌が素晴らしいから、許す。笑

帰ってきたレイモンド

あと、序盤の海賊風トレーナーは、おはスタのレイモンド。

レイモンドがモルフォンを出した時がマイ瞬間最大風速でした。(いい意味で)なぜモルフォンなんや、と。

ゲームとつじつまが合っている

①「ミュウツー」というキャラクター、②サトシ一行の旅、③ゲームのストーリーとの兼ね合い のすべてにしっかりハマるストーリー。

全く違和感なしでした。

気になったところ

トレーナー3名の扱いについて

ストーリー上こんなに不遇なら、新ゲスト声優でもよかったのでは? 

子供向けポケモン映画至高の一作だと思います。

「名探偵ピカチュウ」は大人向けエンタメ感が良かったと思います。

一方で、ミュウツーの逆襲はわかりやすい話の中に深い主題があり、子どもは子どもで、大人は大人で楽しめる映画だったと思います。

 おすすめです。