身辺整理をしていたはずが

いろいろあって雑記ブログとしてジャングル化

書評「一汁一菜でよいという提案」 料理へのハードルを爆下げする土井善晴の優しさよ

 土井善晴といえば…

大泉洋のモノマネ、似ていますよね。

水曜どうでしょうの企画で知りました。本物を知ったのはだいぶ後。

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

  • 作者:土井 善晴
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

こんなことが書いてあった気がする

家庭料理を研究してきた土井先生の結論

  • ご飯を炊いて味噌汁を作ればOK
  • 忙しい中、体がしんどい中でも、できること(一汁一菜)をやることが良い
  • てか、それでいい

土井先生の味噌汁論

  • 味噌汁はテキトーに作っても大体美味しくなる
  • ぶっちゃけ、美味しくない日があったっていい
  • 家庭料理ってそんなもん

中盤のカラーページに、土井先生で作っている味噌汁の写真が色々乗っているのだけれど、ピーマンとかが入っていて、ビックリ。

  • 味噌汁に何入れちゃってもいい
  • コンソメだし、中華だしだっていい

食事って、食べるだけじゃない

  • 何を食べるか考えて、買い物に行って、食べて、後片付けをするのが食事
  • お店に並ぶ食べ物を見て、季節の移ろいを感じるのがいい
  • それでいい

 「一汁一菜でよいという提案」を読んで思ったこと

私、料理するのがあまり好きではありませんでした。だって、

  • マンネリにならないメニューを考えて
  • 肉ばっかりじゃなくて野菜もとらないもダメだし
  • 材料を切ったら手が汚れるし
  • 調味料を図るのがめんどくさいし
  • 火にかけるときは他の事ができないし
  • 作るのに時間がかかる割には食べるのはあっという間
  • 美味しくないとか言われたらショックすぎる

じゃないですか。

そんな中、「料理」のハードルをこれでもかと下げてきた土井先生。

すごくうれしかった。土井先生、めっちゃ優しいわ~